WiMAX2+、Androidからカレー、コーヒーなど気になるまん中あたりを綴ります

僕の気になる真ん中あたり

【読書】ホリエモンの『これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話』-今さらだけど読んで本当に良かった1冊-

堀江貴文著『これからを稼ごう』

こんにちは。七転び八起きです。こちらのブログでは久々の本の話。今日のブログの記事は堀江貴文著『これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話』だ。仮想通貨って、ニュースメディアを見ていると目にしない日は無いぐらいになっているし、仮想通貨ではないけども日本もやっとキャッシュレスに舵を切り始めた昨今。しかし・・・いや待てよと。僕は仮想通貨は投機・投資目的のものかと思って、実はよく分からないし、でも今さら人にも聞きにくいし(笑)。

となれば本かな?ということで本屋でパッと目にしたときに一番分かりやすそうなので購入したのがこのホリエモンの本。とにかくブロックチェーンとかビットコインとか言葉は知っているけれども、実は何も分かっていないレベルの僕にとっては、本当に読んで良かったと思えるものだったので紹介したい。この辺りを知らない僕のようなオッサンには目を通す事推奨。そんなわけでこの本を読んだことで僕がどう思うようになったか書いてみたい。

スポンサーリンク

仮想通貨と未来のお金の話

仮想通貨で注目すべきは投機や投資ではなくテクノロジー

まず、このホリエモンの本を読んで自分の認識が間違っていたことに気が付いた。それは僕の仮想通貨に対する認識。仮想通貨は投機や投資先と捉えるだけでなく、これからの社会を変えていくテクノロジーであり仕組みであるということ。これ。

この本を読むまでは「仮想通貨って投機・投資目的のモノだよね」っていうのが僕のこれまでの感覚で、しかも色々とニュースになっているのはどちらかというと投資としてバブルがはじけたという「お金」に関わることが多いし、露出が多いからそこに目が行きがちだった。つまり僕にとっては(中身は全然違うのだろうけど)「株式」のような投資する先の選択肢の1つぐらいのものだと思っていたので、それなら「株式」でいいし、仮想通貨は後回しでいいかなと、そんな捉え方がこれまでの僕の中の仮想通貨。

その捉え方を一変することができたのは本書のお陰。

ブロックチェーンなどで起こる社会変革

今までブロックチェーンという言葉だけを聞いたことがあったぐらい僕がこの本で学んだこと。ブロックチェーンなどのテクノロジーから大きな社会変革が始まっているということ。日本で昨年から何かと話題のキャッシュレスというのははじまりで現金というものが仮想通貨、ポイントなどに取って代わられる。

そしていま、お金の価値だけで測られることが多かった社会も変革しようとしていること。「信用」やその人の「人柄」がテクノロジーの発展により何らか可視化できるようになる可能性もあるし、普通の作業のようなことだけでなく高度な計算がひつようなものもAIや機械が行う様になって、その成果物を多くの人が享受できるようになる。そうなると、頭のよさやお金を稼ぐ力など今まで高く評価されたものはAI・機械がやってくれるので、人間として評価される内容も変わってくる。これからはだんだんと高く評価される人の価値は「経験」であり他の人とは違う「人間性」のようなものになっていくのだろうと思う。

この辺はホリエモンがおすすめの本として本の中でも紹介している『お金2.0』佐藤航陽著があって分かりやすく書かれている。早速、買って読んでいるがこれまた目から鱗。短期的な視点だけでなく長期的な視点で物事を捉えていかねばと思わされた。

総評:仮想通貨なんて終わりと思っている人こそ読むべき本

とにかくこの本は読む前の僕のように、仮想通貨バブルがはじけたことで「仮想通貨なんて終わり」と漠然と思っている人にほど読むべき本だと思う。そんな表面的な捉え方しか出来ていないと、これまで通りお金を稼ぐことばかりに力を注いで、結果、その稼いだお金が実は世の中では価値が下がってきて、自分の価値も下がってしまうなんてことになりそう。お金を稼ぐ力が魅力とは限らない時代になってきていること、テクノロジーによって起きている流れを知って、自分に価値をつけていく生き方を考える必要がある。

ホリエモンのこの本はとっても分かりやすくて、僕があまり知らない言葉や事象についてはほぼ間違いなく「POINT」として欄外に解説がされている。これがすごくいい。きっと仮想通貨を知る上で最初に読むのにも向いている本なのではないか。以上、これを機にもっと勉強しようと思う七転びでした。

-
-, , ,

Copyright© 僕の気になる真ん中あたり , 2019 All Rights Reserved.