WiMAX、スマホの使用感からグルメレポートなどいろいろなことを綴るブログ

僕の気になる真ん中あたり

WiMAX Y!mobile

WiMAXや4G LTEが固定回線代わりに使える時代は2014年までだった

投稿日:

2015年ももうすぐ11月に突入する。今年はこのままNexus5と305ZTで変更せず使うことになるだろう。使う機種はこの1年間通して同じだったが、ことMobileデータ通信については大きな変化があった。それはWiMAXや4Gの回線が固定回線代わりに使えなくなったということ。やはりMobileデータ通信用のポケットWi-Fi関係はあくまで、出先での一時的なデータ通信用にすぎないということ。

WiMAXやWiMAX2+、そして4Gが固定回線の代わりになるというのは2014年までの話だった。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

僕がau+WiMAXからNexus5+305ZTに乗り換えた理由

僕がauの+WiMAX携帯(DIGNO)から、Y!mobileのNexus5と305ZTに乗り換えてもうすぐ1年が経過しようとしている。乗り換えた理由は単純にDIGNOがAndroidスマホとしてのレスポンスが悪いことと、WiMAXが40Mbpsから13Mbpsへと2015年春より速度低下していく発表があったから。

特にWiMAXがWiMAX2+の速度向上のため、通信帯域が狭まり速度が落ちるというのが大きかった。なんせ月々500円でWiMAXのテザリングを使い放題というのはやはり魅力があったが、それも速度が最大40Mbpsということがセットで魅力があると感じでいた。13Mbpsではエリアも狭いWiMAXを使うのに躊躇してしまう。また、500円のオプションはよいのだが、auの基本料金が決して安いわけではない。

DIGNOはWiMAXのオプションまで合わせると、毎月9千円ほどの料金を支払って使っていた。WiMAXの速度が落ちるなら速度が上がるWiMAX2+に乗り換えることを一番最初に考えた。特にau+WiMAX2+の端末だったら魅力的だろう。しかし、auのスマホに搭載されるWiMAX2は7Gの制限が付いたままだった。ポケットタイプのルーターならWiMAX2+対応で、期間限定とはいえ使い放題があったのに、スマホについたものは容量制限が制限され、テザリングをたくさん使用する僕には致命的だった。

 

そんなとき昨年末にY!mobileの305ZTの存在を知る。LTEなのに実質使い放題。「今のところ」速度制限も掛かっていないという話をネットで目にし、実際に店頭で店員に確認。Nexus5はDIGNOより端末としてはかなり魅力的で、305ZTも十分期待できる内容だった。データのバックアップだけ取り、auを辞めY!mobileに乗り換えた。

2014年の305ZTはとてつもなく速かった

エリアにもよるだろうけど305ZTに乗り換えた当初はとんでもなく速かった。Mobileの回線もこんなに速度が出るのか?と驚いた。動画も見れるし、大きなデータのダウンロードもすいすいと行えた。実際にパソコン2台とNexus5とをつないで自宅では固定回線の代わりとして使用していた。それでも速度が遅いと思うことはなかった。

月のデータ通信量が7GBを超えた場合でも、500MBずつとはいえ追加を無料でできた。3日で○G以上のデータを通信した場合、速度制限するというのも店員の案内通りで感じることはなく快適そのもの。乗り換えは「大正解」だと言ってよい。

雲行きが怪しくなった2015年春

2014年は305ZTユーザーにとって黄金時代。エリアはMobileとして十分だし、月々使い放題で費用は安いし、そして速さも十分とくれば固定回線の代わりどころか、持ち歩けるメリットを考えるとこの選択肢が最良にすら思えた(笑)

ただ、2015年春ぐらいから雲行きが怪しくなる。明らかに体感速度が落ちた。これはユーザーが増えたことも影響すると思われるが、どこに行っても昔のような速度が出ない。動画も見れない時がある。そしてこれは明らかに305ZTに制限が掛かっている。なぜなら、Nexus5(Y!mobile)なら同じ場所で安定して速度が出るから。

一方、WiMAX2+も怪しくなってきた。今まで制限のなかったデータ通信が3日で3GB超えた場合は速度制限が掛かるという。3日で3GBなんて動画見てたらすぐに行ってしまう。実質

固定回線としてのWiMAX2+も終わったと言える。

 

2015年10月の305ZTはあくまでMobileルータだ

kotei01

上記のように昨年末に契約して2015年の初めごろは爆速で通信していた305ZTだが、今は固定回線の代わりになるとは全く思っていない。あくまで外出先での簡易ルータであり、パソコンやスマホをネットに接続するための機器だ。自宅でインターネットに接続するなら光ファイバーを契約しないと話にならない。

2015年が始まったころ305ZTがこれからも大活躍してくれると思っていた。だが結果はMobile機器として無難な感じに落ち着いた。約4000円の毎月の費用は高いとは思わない。パソコンを外で接続するケースが多い僕にとっては速度が落ちたとはいえ、なくては困る機器になっている。

WiMAXもLTEも2014年末が固定回線代わりに利用できた最後になるのかもしれない。

アドセンス

-WiMAX, Y!mobile
-, ,

Copyright© 僕の気になる真ん中あたり , 2018 All Rights Reserved.